水墨画で描く龍


こんばんは!


まず、昨日の直販
開店から1時間ほどで、急な都合で臨時休業しまして申し訳ありませんでしたm(__)m

ちょっと重大な事が有りまして・・・・・・

と、重苦しい感じですが真逆で(笑)
天と地がひっくり返る様な良い事が有りまして。
もったいぶる様ですが、明細は内緒で^^;
簡単に申しますと、頑張ってて良かったなっ!
て出来事で。

思わず、手を合わせ感謝の意を伝えておりました♪


と、その流れではないのですが

今日は、直販を奥さんに頼み
前々から申し込んでおりました、水墨画のワークショップに参加してきたのです!

場所は、法輪閣の5階のお部屋をお借りし
Ssapporo Koichi先生による、 龍を水墨画で描く!

前回は奥さんに譲りましたので、今回は私とうちの母を連れて^^

DSC_0248_convert_20161126205351.jpg
最初、水墨画のお話から
纏わり事、由来のお話など親切に教えて下さりました。

お寺内は町中という事もあり、大変近代的で綺麗でした^^
このような大きな水墨画の壁、大きなお釈迦様
そして神様の周りには必ず、龍が存在しています。
神様をお守りしているそうです。




DSC_0249_convert_20161126205417.jpg



そして、これから描き上げる龍の見本として
館内をくまなく、龍を探しました^^



DSC_0245_convert_20161126205322.jpg




本当に至る所に、色々な表情の龍たちが存在しておりました。




DSC00190_convert_20161126205511.jpg



沢山目に焼き付けながら
いよいよ、お部屋に戻り描き出すようです!

まずは龍の書くポイントと順番、筆の使い方や水と墨の配合比率など詳しく教えて頂きました。
龍書くのにあたって、神聖な場所で描き上げると言うのもポテンシャル上がりますネ!
気持ちが引き締まる様な気がします^^



DSC00194_convert_20161126205614.jpg

こちらが先生の、水墨画用の筆

書道の筆と違うのは、毛の固さが違うところ
筆の毛には、熊、鹿など様々です。
富士山を描く為の筆も有るようです。
と、話を聞きながら・・・・・うちにフライのマテリアルで様々な毛が・・・・なんて思っちゃいましたが(爆)
筆作っちゃおうかな(笑)




DSC00192_convert_20161126205529.jpg
と、まあ

初心者ですが、ご指導が良いのでここまで短時間で描くことが出来ました~^^




DSC00193_convert_20161126205551.jpg



言う事を聞かない、我流で強引な母・・・
でも、なかなか良い感じに描いております(笑)






DSC_0251_convert_20161126205444.jpg

楽しい時間は、あっという間・・・
完成はしておりませんが、せっかくなので先生と2ショット。

若くてイケメンでマダムキラーな感じの先生なのでした^^
いえいえ、大変親切に指導して頂きありがとうございましたm(__)m

冒頭にも書きましたが、昨日は大変幸運な出来事が有りました・・・
神様にも感謝の気持ちをお知らせし、今日はこのタイミングでお寺で手を合わせ
不思議なもんでなんだか最初から、引き寄せられたのでは無いかと思っちゃいました。
守護神となる龍
そんな気持ちを込めながら描いて見たのです。


水墨画、初めて体験しましたが大変奥が深く面白い!!
これから沢山書いて、筆を知ればきっと上達して行けそう。
って、ドヤ顔でスミマセン(笑)

楽しくて、早く描き上げたい気持ちが高まりますが
今回気づきましたが、急いではいけませんネ
墨が渇く時間も必要。(にじむので)

良い作品を作るには、疲れたら止める。
ポテンシャルを上げてから、次の段階を描き上げる。
フライロットメーキングと一緒ですネ!(エポキシ乾いてから次!)

ひとまず、目標としては

お店の守り神として、自分の氣を込めた龍!
1枚描き上げたいと思います!


koichi先生、母も大変喜んでおりました!今日はありがとうございました~m(__)m











★今日も最後までお付き合い頂きありがとうございます!★
★↑ランキング参加してしております。
お手数ですが・・・ポチしていただけたら幸いです!!












この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック