ノーザンホースパーク

今月は苫小牧へ行く機会が有った訳ですが

観光場所として千歳駅、苫小牧からのアクセスが近いノーザンホースパーク
観光乗馬から本格的馬術までできる総合乗馬公園、公園内を一周するサイクリングコース、レストラン、テニスコートなどもあります。

実は、ここ
私は観光ではなく仕事で通った場所なのです^^


何をしてたかと言いますと、有名馬さんたちのお部屋の床を作りに行ってました。


うちの実家の稼業、建築の左官がメイン
今は父が2年前に他界したため、父の代で終了しております。
その関係の依頼で約10年程、床作りを毎年してたのです。

左官と言いますと、コンクリートの壁、床と想像されるかも知れませんネ
その通りなのですが、ここの仕事の依頼は特殊でした。

馬のお部屋の床、芝生以外の馬の歩行経路はゴムチップ
樋爪をケガしないようにする為です^^


実は、このゴムチップ加工
皆さんも色々な所で、見てるし体感もしています。

公園内の遊具で転落事故防止の為の床
スーパー入り口の滑り止め、店頭防止
歩道橋の階段部
今は個人宅の駐車場や階段など施工されてたりもします。
そう言うとお解り頂けたでしょうか?



馬のお部屋の床、下地はコンクリートで前面にプライマーを塗りゴムチップのボンドの役目をします。

次に、セメント材料の代わりにゴムチップ(ゴムの粉末3ミリ位です)を専用ミキサーで
専用シンナーを混ぜ合わせます。
これも特殊ですが、ミキサー自体にガスバーナーをあててアスファルトのように熱い材料を作ります。

ネコでこの材料を床に広げ、3へーべずつトンボで均します。
その後電熱タイプのローラーを掛けるのですが、ローラーのムラと線が付いてしまうのですが
ここで左官屋の出番!!
切り付けは左官コテ、仕上げはコテではなく家庭用のアイロンがコテ変わり。
変わってるでしょ(笑)
材料が冷えると固くなり、いう事をきかなくなります。
その為アイロンで熱を加えながら仕上げて行くのです。

1棟の馬のお部屋仕上げるのに2日、時に200坪はあるお部屋も有りましたが
地道な作業なうえ、完成すると素晴らしい物が有りました^^

お昼休憩してると、私は競馬詳しくは有りませんが
聞いたことの有る馬が、近寄って来たり
テレビで走ってる馬が、目の前で草を食んだり
きっと競馬ファンなら感動してたのかも知れません^^

毎年仕事の依頼が来るのですが、なんせ馬の都合次第なので突然が多いのがたまに瑕でした(笑)
しかしながら、あの優雅に安心して歩く馬を見ると嬉しそうでやりがいを感じ
他の仕事をキャンセルしてお受けしたものです^^


もし、行く機会が有ればちょっと確認して見て下さい^^
あいつが言ってたのこれなんだと・・・笑




ここノーザンホースパーク、冬のイベントとしては
スノーモービルやクロスカントリー、スノーラフティングにスノースライダーなど有るようです!

道の駅ウトナイ湖からも近く、駅には直営店ラポ ラポラ食堂も有るようですので
足を運んで見てはいかがでしょうか?


























★今日も最後までお付き合い頂きありがとうございます!★
★↑ランキング参加してしております。
お手数ですが・・・ポチしていただけたら幸いです!!

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック