スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッド折れ修理3

DSC09736_convert_20160206214453.jpg
こんばんは!

明日は釣りを予定してましたが、いつもながらの時化
まっ、そんな時は気を紛らわす為
オフシーズンにやれる事をするしか有りません。

グリップ修理より早く進んでしまい、今回ロッドのスレット巻きに突入!

スレッド巻きなんて10年ぶり。
引き抜き糸にこのナイロン使います。

これ2lb、500m巻き(笑)当時IGFAに入ってて
記録を出したくて海アメ、このナイロンで攻めてたのです^^
ラインシステムはIGFAルール、ロットはフライブランクの#8をルアーロット使用に作ってたのです。
まっ、変わった事が好きなんです(笑)

話はそれましたが、このラインは引き抜き糸で10㎝くらいしか使いません。





DSC09737_convert_20160206214512.jpg

細っっ! 老眼が進んで見えにくい(笑)

このように2つ折り



DSC09738_convert_20160206214543.jpg

下をセロハンテープで持ち手を作ります。


DSC09739_convert_20160206214605.jpg


それでは、巻き巻き・・・・右利きなのに写真撮るのってムズイ^^;




DSC09740_convert_20160206214627.jpg


隙間が空かない様に詰めながら巻いて行きます。
って、確認したくても
またもや老眼で見えません(爆)
昔を思い出して勘しか有りません^^;

そこそこ巻いた所で、引き抜き糸を重ねて巻きます。


DSC09741_convert_20160206214643.jpg

抜き糸がスレットの中に、入り込む程巻いたら
引き抜き糸の輪の中にスレットを通し、スレットをカット
この時、巻いたスレットの中に納まる長さにカットする。



DSC09742_convert_20160206214700.jpg


引き抜いたら完成!

若干の隙間は、爪の先でなぞればなじみやすいです!

簡単なのですが、老眼が・・・・・・^^;
昔はなんちゅう事無かったのに、自分の老いを感じます。


この後はクリアー樹脂で下塗り、仕上げに2度塗りコーティングですネ♪
ではまた^^











★今日も最後までお付き合い頂きありがとうございます!★
★↑ランキング参加してしております。
お手数ですが・・・ポチしていただけたら幸いです!!

この記事へのコメント

炉端家 : 2016/02/08 (月) 09:10:46

ワキさん

おはようございます♪
当時、ペン使って最初偉い目に会いました(笑)
よれが一番大敵だったので性能良いリールに替えてトラブル無くなりました。基本、凪ぎと風弱い時専用ですね

ワキ : 2016/02/08 (月) 00:38:53

Varivasスーパーソフト!懐かしい。

2ポンドラインって凄いっすね。強風キャスト時にガイドに絡まったりしただけで、ルアーだけ吹っ飛んでいくパターンじゃないすか…。4ポンドでも怖いので、6ポンドまでしか巻いたことないです。

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。