スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライロットグリップ修理1

DSC09560_convert_20151227214548.jpg

こんばんは!

やっと少しだけ時間が出来そうなので、いよいよグリップ修理始めたいと思います^^

今年モンスターと格闘した代償(なんちゃって笑)
見るも無残にグリップ破損しちゃったんですネ。
この状態で、今シーズン最後に川へ行こうと思ってましたが機会を逃しました。
開業に忙しくて釣りには行けませんでしたし・・・・・


では

DSC09562_convert_20151227214627.jpg

まずグリップと、その上のパーツ、スレットなど全て外さなくてはならない。



DSC09561_convert_20151227214612.jpg


ガイドも。



DSC09563_convert_20151227214641.jpg

厄介そうな、ワインディングチェックと。

DSC09564_convert_20151227214655.jpg

ロット本体に傷を付けない様に、少しずつ地味にコツコツとコーティングを良く切れるカッターで削る。
少し使ったら、歯を新しい部に折って使う。







DSC09565_convert_20151227214709.jpg


ガイドとフックキーパーは外した。

後は残ってるコーティングと、コルクを全て取り、ほぼブランクのみの状態まで取り除く。
新しいグリップは、ロットの先端から入れるのでより綺麗な状態にしなければまた
隙間が出来てしまうからです。


どんどん次の工程へ進みたい気持ちは有るのですが、経験上
急いだらまず失敗します^^;
時間が有っても少しずつやるべきだと思います。

1本しかないロッドは、替えが有りませんので慎重にやるしか有りませんネ

まっ、来春までに完成すれば良いのでじっくり完璧に仕上げたいと思います♪




★今日も最後までお付き合い頂きありがとうございます!★
★↑ランキング参加してしております。
お手数ですが・・・ポチしていただけたら幸いです!!

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。